らあめんぶぅぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 支那そばや@新横浜ラーメン博物館(サンマーメン)

<<   作成日時 : 2011/12/14 13:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

支那そばや@新横浜ラーメン博物館
地図:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
営業時間 平日11:00〜21:45(Lo)
       土日10:30〜21:45(Lo)
定休日   無
駐車場   ラーメン博物館併設駐車場 近隣にコインPあり

ラーメン博物館HP
http://www.raumen.co.jp/home/


図々しくも試食という形でサンマーメンを頂いてきました。
いつもありがとうございますm(__)m
画像
なぜか店舗を撮り忘れてこんな写真撮ってました^^;


入り口で渡された券を店員さんに渡すと
「サンマーメンは時間がかかりますのでコチラをご覧になってお待ちください」
と言われて渡されたのがコチラ。
画像
佐野さんらしいこだわりの蘊蓄です。
ですが僕は美味しければ何でも良いんですけどね。
特別な違いが分かるほど精巧な舌は持ち合わせていないもので笑

というわけでしばらくしたら運ばれてきました。


画像
サンマーメン¥950通常

個人的評価
総合×7 10段階

スープ ×3 5段階
餡の下のスープは澄んでいる物ですが豚の脂の影響でしょうか
支那そばやらしいキレは感じられずにどうも輪郭がハッキリしない印象。
美味しいとは思うんですけどね、ピントがずれているというか何と言うか。
ですが逆に胡椒の効き具合や、餡と混ざりあった様などから街の中華料理屋で
出て来そうなサンマーメンらしさを感じられました。良い意味でですよ^^
庵には通常の片栗粉とは違い高級な「本葛」を使用されているらしいのですが
正直僕にはそれほどの明確な違いは分かりませんでした^^;

麺 ×5 5段階
支那そばやらしい細ストレートの麺は恐ろしく滑らかな物で、ハッキリ言って
この麺だけで僕の中では相当に印象が良くなっています^^
サンマーメンを食べに来たのに麺だけで好印象になるのはどうなの?
と思いますが、それほどにこの麺は秀逸ですね。絡みは当然文句無し。

具 ×3 5段階
様々な高級材料が使われているという具材達ですが、豆モヤシは
シャキシャキとした食感が良く、タケノコが美味しかったです。
LBY豚(ルイビ豚)という僕だったら絶対に名付けないハイセンスな
ネーミングの豚肉は柔らかくてとても美味しいですね。
クコの実の彩はとても合っています。
そしてウズラのピータンなんですが、僕はこれはちょっと…。
好きな人は好きなのかな^^;
白キクラゲはどこにいたのか分かりませんでした笑

まとめ。
高級食材をふんだんに使い、丁寧に作った洗練されたサンマーメンなのでしょう。
確かに美味しく頂きましたが普及させるのが目的と考えるとちょっと疑問ですね^^;
どうせならその辺で手に入る食材で、どうにか美味しく作って提供する方が
普及目的として考えると合ってる気がするのですがどうでしょう笑
まぁ美味しかったし、知ってもらうだけで良いのならこれで良いのかな。
ごちそう様でしたm(__)m

参考になりましたらポチっとお願いします▼・ω・▼
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
支那そばや@新横浜ラーメン博物館(サンマーメン) らあめんぶぅぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる