麺処 丹行味素@北新横浜

麺処 丹行味素@北新横浜
地図:神奈川県横浜市港北区北新横浜2-5-13
電話番号 045-717-7794
営業時間 11:30~15:00 スープ切れ終了
定休日   今のところ未定
駐車場   少し離れたとこにコインPあり
備考
※認知されるまで休みは無しでやるそうです。

ブログ http://blog.livedoor.jp/tangyoumiso/


4月3日にオープンしたコチラのお店へ行きました。
画像

店舗は左側のシャッターの中です。
入り口前にはなぜか家具が売っています^^



メニューはこんな感じ。
画像

イマイチどちらがメインなのか分からなかったのですが
店名に味素とあるので焦がし味噌麺を極太麺で注文。
食べログに載せることを約束すると頂ける味玉も頂きました^^



麺と味噌の蘊蓄達。
画像
画像



しばらくすると運ばれて来ました。

画像
焦がし味噌麺(極太麺)¥750+味玉サービス


個人的評価
総合×7 10段階

スープ ×3 5段階
焦がしたことに由来するのかは分かりませんが若干酸味のあるスープは
良い意味で、良い意味でですよ^^ 味噌鍋の様な味わいに感じました。
丁寧に取られた動物出汁と野菜の旨味によるものだと思います。
とはいえ酸味による角があるためもう少しまろやかだともっと食べやすいかも。
と個人的には思いましたが好みの差かな^^

画像
麺 ×4 5段階
タピオカが練り込んであるらしい麺は標準だと結構硬めの提供で
最初はお世辞にもスープに馴染んでるとは言い難かったですが
徐々に馴染みだすと面白い仕上がりで、少し時間が経った麺は
食感、味が二郎の麺の様な雰囲気を感じました。
全然違うよ。と思う方が大多数だと思いますが^^
とにかく美味しい麺であることには変わりません。

具 ×3 5段階
食べやすい大きさに程よく切られている野菜はシャキシャキしつつも
柔らかく、見た目より量があり食べ応えがなかなかあります。
サービスで頂いた味玉は余計な味のしない薄味で美味。
最初の方で溶いてしまいましたが上に乗っかっていた味噌は
しょっぱさが無くとても美味しい物でした。
ただデフォでチャーシューが無いのがちょっと残念。


まとめ。
オープンして1カ月近くが経ちますが、通りがかりに発見できるお店でないので
恐らくまだまだ認知されていないのだと思いますが、なかなか実力のある
店主さんなのではないかと思います。見た目に反して面白い方のようですし^^
デフォで400g入るらしいタンメンと平打ち麺が気になるので近くに寄った際は
もう1度行ってみたいと思います。ごちそう様でしたm(__)m


参考になりましたらポチっとお願いします▼・ω・▼
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


丹行味素 ラーメン / 北新横浜駅新横浜駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

にゃんまげ
2012年04月24日 22:49
後輩を連れて行ってきました。
でっかい鶏の唐揚げが乗ってる味噌を食おうとしたら
なんと売り切れ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
訪問したの13時だったけど、屋号に載せてるんなら
もちっと残しとけ!と思いつつ見ると野菜てんこ盛り
仕様ならある様子、トッピングで唐揚げ2個100円
を追加して注文・・・したところ。
「すんません!味噌はあと1食分なんです」とのこと
券売機内の残数とリンクしてないのか?と思いました
けど後輩に譲って醤油にチェンジしました。
味噌は一口もらって「旨いなこれ」と思いましたが、
意外と醤油も気に入ってしまいました。
元々味噌に主力を置いていると思っていただけに醤油
の旨さに嬉しくなりました。
近くに良く行く訪問先があるので、全メニュ-制覇を
本気で考えました。
ただ一つ気になったのは、常連さんと思しきお客さん
とのお話でした、作ってない時なら気にならないけど
他のお客さんの物を作りながらのおしゃべりはないな
と感じてしまいました、自分のを作ってる時だったら
ちょいひくかも。
とは言え元気な接客には好感が持てます。
願わくば訪問される方は可能なかぎり駐車場を使って
欲しいと思います、近隣のマンションの奥様方の立ち
話で店の周辺の路駐に関して不満があり、港北警察署
へ取り締まりを依頼したらなんて物騒な内容でした。
駐車禁止区域になって駐禁キップ切られたら相当高い
一杯になってしまいますからね。

この記事へのトラックバック